離島旅行に持っていく”バックパック”ブランドはこれだ!

バックパック

離島に行く際に、スーツケースを引っ張っていくのは、少し面倒ですよね?

特に梅雨の時期や夏場に、重いスーツケースを引くときなんかは、かなり負担になります。

また離島は、往々にして道が都会みたいに舗装されていないですし、草や土の道なんて当たり前です。

トートバッグ・ショルダーバッグ・ボストンバッグなどのバッグだと、片側の腕や肩だけ痛くなったりと良いことなし・・・

そんな旅行に行く際に便利なのが、やっぱりバックパックです!

お子さんがいる方なんかにも、両手が空いた状態になるバックパックはオススメです。

このブログでは、旅行に持っていくのにオススメな「バックパック」ブランドを5つご紹介いたします。

グレゴリー(GREGORY)

グレゴリー

グレゴリーは、カリフォルニアで生まれたバッグパックブランドです。

30年以上にわたり、最高の背負い心地と品質、機能性を追求した製品を作り続けています。

グレゴリーといえば、アウトドアのフィールドで使えるバックパックが広く知られているが、メンズ・レディースのショルダーバッグといったタウンユースでも使えるバッグもリリースしています。

その中でもバックパックは、メンズの定番のカバンになりました。

コロンビア(COLUMBIA)

コロンビア

ドイツ移民だった創業者のポール・ラムフロムが、1938年にアメリカのオレゴン州ポートランドで前身となるコロンビアハットカンパニーを設立しました。

その後、アウトドアメーカーとしてスタートし、現在では全米NO.1のアウトドアメーカーまで成長しました。

コロンビアのバックパックの特徴は、その大容量なサイズです!そして、濡れない・ムレないを可能にした防水透湿機能があるオムニテック(OMNI-TECH)、撥水防汚性を備えたオムニシールド(OMNI-SHIELD)などの素材に独自開発のテクノロジーを融合した製品が有名です。

パタゴニア(Patagonia)

パタゴニア

1957年、イヴォン・シュイナードによってアメリカで設立されました。

創業者自身が登山家でもあり、自らの極限状態を経験し、そこで得たノウハウによって機能性・実用性・安全性を伴ったアイテム開発をしています。

愛する山を守るために「クリーン・クライミング」を提唱し続け、環境への影響の少ない素材を選ぶなど、あらゆる方法で環境保護にも力を入れています。

バックパックでもその素材が使用されていて、ファッションアイテムとしても人気なアウトドアの代表ブランドです。

マムート(MAMMUT)

マムート

マムートは、1862年に創業者のカスパー・タンナーが主に農業用とされたロープを製造する工場をスイスで建設し、会社の基礎を築いてきました。

元々はロープの製造がルーツですが、戦後になりセーリング用のシートなどのスポーツ事業に進出しました。ロープ以外にも衣料と寝袋・ダウンジャケットなどの多様な商品を手がけ、高い人気を誇っています。

特にバックパックは非常に人気の高いアイテムで、その過酷な登山環境下でもしっかりフィットするように作られていることが、評価を得ています。

マムートのバックパックは、デイリーユースというよりもしっかり旅をしたい方に、特におすすめしたいブランドです。

モンベル(mont-bell)

モンベル

1975年、日本のトップクライマーであり、1970年には日本初のクライミングスクールを開校した辰野勇氏が、2人の山仲間である真崎文明氏と増尾幸子氏と共に「mont-bell(モンベル)」を設立しました。

以来“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽さと速さ)”をコンセプトに商品開発を続けています。

特にバックパックには、トップクライマーだった経験が機能に反映されています。モンベルが独自に開発した”クイックアジャストシステム”は背中部分のフィット感を自分で調整することができるようになっていて、現在特許を出願中の機能です。

「バックパック」ブランドまとめ

バックパックと言っても、その種類や機能は様々で、ブランドによって異なります。

ご自身がデイリーユースでも使いたい場合や、離島旅でたくさん使用したいなど様々です。

離島旅行には、バックパックは必須です!ぜひご自身にあうブランドが見つけてみてくださいね!

 

旅行に持っていくスーツケースを検討されるかたは、「頑丈・軽さが最大の特徴の”スーツケース”メーカー2選」もオススメです♪

頑丈・軽さが最大の特徴の”スーツケース”メーカー2選

旅行にスーツケースを引っ張っていくのは少し面倒ですが、スーツケースを持たずに、一定量の荷物を持ち運ぶのってかなり難しいと思います。

宿泊するホテルや宿にスーツケースだけを置いてきて、バックパック持って移動をするというのが王道といえば王道ですよね!

ただ持っていくのであれば、海外のようにスーツケースの扱いが雑であったり、離島など都会ほど道が滑らかではない場所に行くのですから、外装の頑丈さや移動の際にスムーズに移動ができるようになるべく軽い方がいいかと思います。

そこでこの記事では、そのような頑丈と軽量さをウリにしているスーツケースブランドを2つご紹介します!

頑丈さがウリのゼロハリバートン

ゼロハリバートン

創業1938年、世界中のビジネスマンたちから”ゼロハリ”の愛称で親しまれているブランドです。

エンジニアであり、オイル事業に携わるビジネスマンとしても世界中を飛び回っていたアール・P・ハリバートンが中東を訪れた時の些細なトラブルがきっかけでした。

砂だらけになった鞄を見て途方にくれた彼は、密閉性の高い丈夫なスーツケースを作ることを決意しました。

当時から【高気密・防湿・高精度・耐腐敗食性】の特徴を持っていて、それは今でも変わりません。

現在、航空機に使用されている6061合金に数度の熱処理を加え、硬度と強度を高めていますが、その耐性はなんと1平方メートルあたり440トンで、シェルに取り付けられるひんじも181.5kg以上の外圧に耐え、ラッチは1万回以上開閉しても壊れない設計になっています。

1969年のアポロ11号の月面着陸成功で石と砂を持ち帰ったのは、このゼロハリバートン製のケースです。

またアメリカ大統領が、核攻撃に許可を出せるスイッチが入ったブリーフケースも、ゼロハリバートンのものなのです。

頑丈さを選ぶなら、ゼロハリバートンで決まりでしょう!

サムソナイトのコスモライト

サムソナイト コスモライト

サムソナイトは、1910年にジェシー・シュナイダーがアメリカで創業しました。

100年以上も前から、ラゲージを作り続けているその商品作りにはとても定評があります。

最近では、サムソナイトはトゥミ(Tumi)を買収して、名実ともに世界でNO.1の鞄メーカーに成長しています。

1.軽量性

サムソナイトの最大の特徴は、その軽さと頑丈な作りです。

以下がコスモライトを購入した時の、ダンボールなのですが、届いた際に宅配員の方から受け取った時も

「あれ何も入ってない・・・?」と思わされるほどの軽さでした。笑

そのはずです、コスモライトの75cm/94Lにも関わらず、重さが2.6kgしかありません。

これがサムソナイトの最大の売りの軽量性です。

離島などに旅行に行く時は、軽さというのは本当に重要な要素の一つですので、軽さを重要視される方はサムソナイトは要チェックです!

ちなみに私が、購入したお店はこちらのサムソナイトのショップです。

店長さんが丁寧な方だったので、こちらの店舗から購入しました!

 

サムソナイト | Samsonite 通販専門店【サムソナイトスタイル】
https://sam-outlets.shop-pro.jp/

2.頑丈性

そして頑丈さもサムソナイトの売りです。

サムソナイトは、独自の特許技術で製造された「カーヴ(Curv)」という素材で、スーツケースを作ります。

このカーヴは、ポリプロピレンシートを何層にも重ねることで、できあがります。

低温度下でも、高い耐性がありますので、空の上の荷物室(-12℃)でも、高い強度と耐性を誇ります。

 

以下がサムソナイトのPR動画です。

車でぶつかっても、車で挟んでも元に戻りますという、とてもユニークな動画です。

この他にも、トラックで踏んだり、ビルの上から落としたり、アイスホッケーのステッィクとしてコスモライトを使ったりと色々な動画ありますので、興味のある方は御覧ください。

スーツケースまとめ

ゼロハリバートン(Zero Halliburton)とサムソナイト(samsonite)という、耐久性と軽量性に優れたスーツケースメーカーをご紹介しました。

耐久性を取るならゼロハリバートンでしょう。しかし、重さがある程度あります。

どちらもいいとこ取りをしたい方は、サムソナイトをおすすめします!

南国への旅にはGoPro!防水カメラを勧める4つの理由

GoPro

旅に行くとカメラで写真を撮りたくなるのは、当たり前ですよね。
特に私の好きな石垣島やハワイなんかの南国へ行くと、シュノーケリングしたり、ダイビングをしたり・・・海を写真におさめたいですよね?

最近だと、インスタグラム(Instagram)なんかが本当に流行っていて、撮影したものをすぐにアップし、タグ付けなんかをすることで世界中の人たちに共有できます。

そこで旅に、スマホのカメラ以外にも持っていってほしいカメラがあります。

それは“GoPro”というウェアラブルカメラです。

GoProとは?

GoProとは、サーフィンや、ダイビングなどのアクションシーンや、迫力のあり絶景などを臨場感あふれる形で残せる世界一多彩で、軽量な防水設計までされているカメラです。

わかりやすいのが、テレビ番組で芸能人の方々が、ジェットコースターやダイビングの撮影時に、頭の上につけていたりするカメラは、大概このGoProです。

下の動画は、GoProのプロモーション映像ですが、こちらを見ていただければ、GoProがどのようなカメラかということがわかるかと思います。

全てGoProで撮られいて、迫力の映像です。欲しくなってしまうので、ご注意を!

GoProが離島旅にオススメな理由

1.小さくて軽量

旅に行く時に、荷物が少ないかつ軽いほど良いですよね?

GoProならそんな願いが実現します。GoProの一番の良さは、軽い・小さいです。

本体のみだけだと、その重さはなんと75g!!トップ画像からも分かる通り、手のひらサイズです。

これに付属の防水ハウジングをつけても140g程度です。

これまでの一眼カメラなんかは、重さや大きさがデメリットでしたよね?このサイズでしたら、場所もとりませんし、重さもきになることはありません。

2.広角撮影が可能

GoProの広角レンズ

スマホなどで自撮りすると、背景が入っていない・・・

なんてこと今までに経験したことはありませんか?

スマホなどのカメラは画角が狭いことがほとんどですので、背景が入らないことがありますが、

GoProは広角レンズなので、自撮りをしてもしっかりと背景の壮大な景色を映してくれます。

3.防水ハウジング付き

GoProには付属品として、必ず防水ハウジングが付いてきます。

離島の海の綺麗さを中からしっかり撮りたいと思っている私のような方には、本当にもってこいのカメラです。

水深40Mまで潜ることが可能です。

ダイビングの時はいいのですが、シュノーケリングの撮影をするときは注意です!

落としたら沈んでいきますので、下に取りに行くのは難しいですよ・・・

4.WiFi機能付き

これまた便利なWiFi機能付きです!

上述したように、インスタグラムなんかに撮った画像をすぐに共有したいですよね?

GoProのアプリをスマホにインストールすれば、すぐにGoProからスマホに画像を送れたりすることができるので、

この機能もとても便利です。

GoProが旅にオススメの理由まとめ

小さい・軽いという旅をする上において、最高のメリットに加えて、水中での撮影が可能であること、広角レンズで被写体とその背景を残せること、そしてその画像をすぐさま共有することが可能である。

機能的な面と特徴を考えると、GoProと旅というのは本当に相性が良いカメラだと思います。

ぜひチェックしてみてくださいね!

これだけは持って行こう!離島に行く際の女性必須アイテム

石垣島

離島、特に南国の石垣島なんかが好きな私。

最初に訪れた際は、それほど暑くなかったので良かったのですが、夏のシーズンに行った際に、忘れたものがありとても後悔しました。

場所や時期によっても違いますが、特に暑いとされるシーズンに離島に行く際に、絶対に持って行った方が良いと思うものをご紹介します。

日焼け対策のパーカー

女性の中で、日焼け対策したいなら日焼け止めを塗るだけでいいんじゃない?

なんてことを言われる方も多いと思いますが、

石垣島なんかでは太陽が照って暑くなればなるほど、日焼け対策で厚着になるのが常識なんだそうです。

本当に南国の離島なんかでは、日差しの強さがすごいです。

少しの日焼け止めとTシャツなんかでは、普通に隠れている部分も焼けてしまします。

パーカー

そこで長袖のUVカットのパーカーは必須です。

個人的には、指穴があいた物がオススメです。ラッシュガードと何が違うのかわからない方が多いと思いますが、ラッシュガードは元々、海の中で泳ぐためにある物ですので、かなりタイトな作りになっていますが、パーカーはあくまで羽織る物。

もちろんガンガンに泳ぐ方は、ラッシュガードもオススメですが、お子様連れの方なんかは、浜辺や浅瀬で遊ぶことが多いですよね?

ご自身の目的に合わせて、どちらか選ばれると良いでしょう!

本当に夏の南国の日差しは、すごい威力ですので、なめてかからない方が良いです。しっかり対策として長袖のUVカットのパーカーを持っていきましょう。